キャッシング 口コミ 体験談

プロミスのキャッシングに申込みした時の体験談

私は、40歳代の男性で、妻と子供二人とアパート暮らしをしています。

 

職業は、2年前に会社員をやめた後、清掃業を営む親戚に雇ってもらい、一応給与という形で収入を得ていました。

 

しかし、この不況で収入は減り、急な出費が重なり、お金がピンチになってしまいました。

 

「ヤバイ!このままでは生活費が足りない!!」

 

不安を感じた私は、いざというときのために、キャッシングでいつでもお金を借りることができるように、ローンカードを申込みしておくことにしました。

 

キャッシングの比較サイトやランキングサイトでアコムやモビットなど大手の消費者金融のサイトを比較してみて「30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)」のサービスを実施中だったプロミスにローンカードを申し込むことにしました。

 

プロミスの申込みは、申込入力画面から氏名、生年月日、性別、住所、メールアドレス、自宅電話番号、勤務先電話番号、年収などを入力し送信します。

 

8:00〜19:00までの審査受付時間内であれば、選択したメールか電話に、すぐにプロミスから連絡が来ます。

 

私は、日曜日の夜に申込みをしましたので、指定した月曜日の12時過ぎに携帯電話へ連絡が来ました。

 

プロミスからは、申込み内容に間違いがないかの確認と、希望借入額、お金の使い道、職業の詳細などを聞かれました。

 

私は、希望借入額を30万円、お金の使い道を生活費として申込みをしました。

 

私の場合、プロミスの審査では職業に関してのチェックが、個人の自営業の親戚からの収入でしたのでやや厳しく感じました。

 

それでも、無事に審査を通過し、借入限度額50万円で契約書とプロミスカードが郵送されてきました。

 

このプロミスのローンカードが入った契約書は、個人名で郵送されてきますので、家族に知られたくない時などでも安心です。

 

契約書に必要事項を記入し返送して契約は完了です。

 

さっそく私は、プロミスが提携しているコンビニのセブンイレブンのセブン銀行のATMに行き、プロミスカードで現金5万円のお金を借りることができました。

 

おかげで私は、プロミスのキャッシングを利用することで、ピンチを乗り切ることができました。

 

今まで消費者金融というとあまり評判がよくありませんでしたが、いざというときのためにいつでもお金を借りることができるように、ローンカードを1枚作っておくのも「あり」かなと思いました。